Retina kazenomoriimage4940580

奈良の人気のお酒「風の森」から、山田錦の精米歩合違いが3種入荷しました。

精米歩合は、80%(純米)、60%(純米吟醸)、45%(純米大吟醸)です。

いずれもメロン(カプロン酸エチル)のような香りがします。

それぞれの味わいをお楽しみください。

愛知の「菊鷹」より、山廃造りで、本醸造で、原酒で、ひやおろしが入荷です。しつこいですね(^^)

あれっ?原酒で本醸造?と思いましたが、原酒というのは、定義上、加水を行わないことなので、醸造アルコールを添加しても、原酒と名乗れるのですね。

Retina ainameimage4931022

宮城県産のアイナメ

こんな顔してますが、身はしっとりしていて、しっかり旨みあります。

お刺身でどうぞ!

その他、抜群に脂ののった「秋刀魚」「鰯」、クリーミーな白子用意してあります。

Retina sirako

真鱈白子がスタートです。

本日は、「白子ポン酢」で、明日からは、「白子の揚げ春巻き」の提供です。

当店の白子は、塩分濃度3パーセントの塩水に3時間浸したのちに、塩分濃度3パーセントの日本酒と昆布が入ったお湯で一煮立ちさせております。

こうすることによって、臭みが消えますし、独特のチーズのような食感が生まれます。

走りの白子、是非、ご賞味ください。

Retina %e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%82%e3%81%92

先々週ぐらいから、居酒屋には、唐揚げだろうということで、鶏のから揚げをよく作っています。

なかなかの好評をいただいております。

目指すは、外側サクッとしていて、中はジューシー、そして、余分な衣や油は、極力少なく。

そして、味付けは、鶏の味を活かすように、余計な味付けはなるべくつけない。

意外と手間が掛かるんです。この子。
170度で3分揚げて、1分半休ませて、再度200度で1分半。この工程を踏むか踏まないかで、ずいぶん味は変わってきます。

進化する鶏のから揚げ、ご賞味ください。

Retina kamonishiki

賀茂錦4種類入荷です。

あまり馴染みのないお酒だと思います。

それもそのはず、24歳のイケメン男子が杜氏なんです

ま、その情報は置いておきまして、まずは呑んでみてください。

透明感があるクリスタルな綺麗な味わいと、ほんのり和三盆を感じさせる甘さの余韻が広がります。

雑味の無さが丁寧さを感じます。

今は家族で醸されてるそうですが、ブレイク必至です。

Retina kapure ze

夏も過ぎ、肌寒くなってきたというのに、トマトとモッツァレラチーズの相性の良さに嵌っています。

もう20年前には、イタリアンブームも過ぎ、今では、提供する側も恥ずかしくなる料理かもしれません。

なんとか、和風な感じでも出せないかなぁ・・・と考えて、塩麹、大葉、米油での提供です。

トマトの酸味と、モッツァレラの乳と米油が柔らかく包み、味を整えてくれます。

土曜日も、ありますので、是非!

Retina katuonodoguro4

長崎生まれのイギリス人、カズオ・イシグロさんが、ノーベル文学賞を受賞されましたね。

なんだか、文面見てると、カツオ・ノドグロを食べたくなったのは私だけでしょうか?

たっぷり太って見るからに旨そうです。

ノドグロは、お刺身で、カツオは塩たたきです。

Retina shichida5

フランスの一流ソムリエらが高品質の日本酒を選ぶ「kura master」にて、なんと七田の純米吟醸の雄町が最優秀であるプレジデント賞に選ばれました。

七田は、ナナデンとか、ナナダとか、時々、お客様に呼ばれますが、シチダとお読みします。蔵元さんが、七田謙介さんと言って、九州佐賀にいても、国内のシェアを奪い合うだけだからと、海外には積極的に、販売促進に出かけている方です。一つの努力が実ったようで、こちらも嬉しくなります。

プレジデント酒、しみじみ味わっては、いかがでしょうか。

Retina megane

毎年恒例のメガネ入荷しました。

10月1日は、日本酒の日でもありますが、メガネの日でもあります。1001の字面がメガネに似ているからだろうと思いますが。。。

蔵人さん全員がメガネを掛けている大人気のお酒です。
萩の鶴さんは、どのお酒飲んでも外しません。

10月2日23:55分までに、instagramにて、ハッシュタグ『#萩の鶴メガネで乾杯』で、投稿すると、オリジナルバッグが当たります。

↓↓↓応募詳細はこちら↓↓↓
http://www.hagino-shuzou.co.jp/blog/201708161525.php

Retina kapure ze

寒くなってきましたので、
カプレーゼのおでん
作ってみました。

トマトのおでんの上に、ほんのり温めたモッツアレラを合わせて、塩気のある青さ海苔のお出汁を掛けてます。

モッツアレラのミルクがお出しに溶け出しますが、意外と柔らかさが加味して、良いですね。アオサ海苔の塩気もトマトとモッツアレラの淡い味を底上げしてくれているようです。